top of page

箱根吟遊さん


箱根宮下の旅館吟遊さん

とても素敵な旅館です。

3月からこちらでスパセラピストをしております。



ご縁がありいつもお世話になっている方から

スパセラピストとして働いてみないかというお話をいただきました。



実は以前私には、クルーズ船のセラピストになりたいという夢がありました。

コロナのことや、家族のこと、仕事のことを考えてしまうといつしかそれは現実から遠ざかっていきました。



吟遊さんのお話を伺った時に

ふとそのクルーズ船のことと重なりました。



旅先という非日常な場所で

お客様の旅の記憶の一つになれること

人に感動を与えられる仕事であることなど。



そして私自身が

アロマに興味を持ったのが

20年以上前にリゾートホテルで受けたアロマトリートメントがきっかけだったのです。



当時は若かったこともあり、自身の体のことなど無頓着で

心身ともにボロボロだった時にアロマのことなど何も知らずに受けたトリートメントが

心にはオンとオフがあるんだよ、ということを教えてくれました。

心も身体もゆるみ、救われた気がしました。

そのことがきっかけとなり、アロマはその先の私の人生を大きく変えることとなりました。

夢中で勉強し、資格を取得し、仕事にしました。



それらの経験と、

私ごとですが自分で仕事を始めた時にはまだ4歳だった長女が

この春から進学で家を出ました。

それにより少しだけ心に余裕が出来ました。



今までも、子供の成長に合わせて

常に様子を伺いながらではありますが

自分のステップアップを続けてきました。



とはいえ、長い期間一人でサロンを営業し

一人親方でやってきましたので

お恥ずかしながら世間知らずです。



海外からの観光客に紛れ登山電車に揺られ通勤をし、

吟遊さんでさまざまな方と関わることは

とても勉強になっています。



常に満室で日本一予約が取りづらい宿として紹介されるほどの人気は

どうしてなのか。



たくさんの人が働いていて

スパに来られるのは10代から80代のお客様や

多くの海外あちらこちらからのお客様。



施術以外の業務、覚えなければならないことは

山ほどあり、慣れないうちは常に緊張です。



面接の時に若女将に

人生で3つ大切にしていることを聞かれました。



私は「人との関わり」「健康」「幸福感」

そして「もう一つ聞いていただけるのであればお金です」

と答えました。



面接の時には若女将はいつもその質問をするそうです。


スパで働いている方々も人それぞれ

施術内容もも任されていて人それぞれ


何事も勉強になります

本当にいい機会を与えていただいたことに

感謝しています。



サロンにお越しくださっているお客様も

ぜひ箱根まで足をお運びくださいませ。



非日常空間と極上のサービスで

心も体もリラックスしていただけること間違いありません。














Comments


bottom of page